代り映えしないからこそブリティッシュスタイルを取り入れろ!オーダースーツSADAで遊ぶ!

 

面白みのない毎日に
彩りを加えてみませんか?

 

スーツにこだわりを持つ

 

たったそれだけで
自信ワクワク感が得られ
あなたの毎日が変わります。

 

 

日本はスーツを着用して仕事をする職種が非常に多いです。

スーツ着用が必須の仕事をしている人にとっては、寝間着よりも私服よりも部屋着よりも、どんな服よりもスーツを着ている時間が長くなります。そんなに長い時間着ているスーツを完全オーダーメイドし、深い愛着を持ってみませんか?

服装にこだわりを持つと言うことは、確実に仕事に張りが出ます。

だからこそ、このサイトでは様々な分野のケアアイテムを紹介しています。自己投資をするということは、それだけ自分に自信が持てるようになります。その中で、どんな服よりも長時間着用しているスーツにこだわりを持たないのはナンセンスです。

しかし、いざスーツと向きって見ても意外と知らない事が多いと思います。

そこで今回はオーダースーツSADAで遊んでみたいと思います。

 

 

のスーツは細身のものが主流です。スタイルをよく見せる効果を有しており、雑誌などで見るような有名人はほとんど細身のスーツを着用していますね。

これらをもう少し詳しく分析してみます。

まずジャケットは2つボタンで襟が細く、ウエストには深い絞りが入っています。丈は短めで、背中に入っているベントと呼ばれる切れ込みは1本、もしくは何もないのが一般的です。

ではスラックスに関してはどうでしょうか。これもやはり細めのスタイルで、タックは入っていません。股上は浅めであり、スラックスそのものが裾に向かって細くなっているスタイルのものも存在します。

 

このような細身のスーツはどちらかというとイタリアンスタイルと呼ばれるのもです。スタイリッシュで非常におしゃれです。

 

 

ギリスで昔から着用されている伝統的なものである「ブリティッシュスタイル」という着こなしもあります。イギリスはスーツ発祥の地で歴史があります。

ブリティッシュスタイルはどんな着こなしかというと、ジャケットは3つボタンの真ん中掛け。ポケットは斜めにつけられており、右ポケットの上にはつり銭を入れるための小さなチェンジポケットと呼ばれるものがついています。背中のベントは2本で、動きやすさが考慮された作りとなっています。

スラックスには内側に折れ曲がったタックが2本入っており、ゆったりとしたスタイルです。

 

 

ブリティッシュスタイルを想像してみると、やはり一世代前のスーツという印象が強いですよね。ではこのようなブリティッシュスーツを、少し今風にアレンジして着用してみるのはどうでしょうか?

若い世代が一昔前のものを着こなすと、それは流行になりやすく、おしゃれ感が出やすい風潮があります。というのも、現代はデザインの観点から言うと既にアイディアが出尽くしています。そのため、同じものが回り回る世の中になっているのです。

女性のファッションなんかはその風潮が如実に表れていますね。

だからこそ、一昔前のものであっても別に毛嫌いする必要はありません。もちろん着方を間違えれば超絶ダサい印象を与えますが、ポイントを抑えれば大丈夫です。

オーダースーツのSADAは様々なパターンを準備しており、それを上手く組み合わせることで今風のおしゃれなブリティッシュスーツを作ることができます。

ではここでおしゃれブリティッシュスーツをシュミレーションによって作ってみることにしましょう。

 

※以下の画像は「オーダースーツSADA」のHPで実際にシミュレーションの操作を行ったものです。まず注意点として、公式サイトの「初回お試し」ではないページへ移動します。

採寸を完璧にしてもらうには店舗へ伺うか、店舗から1時間以内の場所へ出張採寸を依頼しなくてはいけませんが、男性のみネット上で注文も可能です。「初回お試し」の場合、ネット上でのカスタマイズはできないようです。

そのため、「メンズスーツ」にカーソルを合わせてビローンと出てきたメニューの「初回お試し」は無視し、その下のメニューを選択することで生地やボタンの数、Vゾーンの深さなど全て自分湖のみに調整することができます。

 

 

では、カスタマイズしていきます。

 

 

 

ジャケット

まずジャケットですが、シングル2ボタン、もしくはシングル3つボタン中掛けのものをチョイスします。

 

 

襟の形は、最近ではピークドラペルと呼ばれる立ち上がったような形をしているものが人気を得ています。下襟が尖った形をしているものを指します。この襟の形は本来はダブルのスーツに使用されるものですが、縦のラインを強調する形であるために、最近の細身のシングルジャケットにも使用されることがあります。

 

しかしブリティッシュスーツの場合、ある程度かしこまった雰囲気をかもし出すことがポイントとなるために、ノーマルなノッチドラペルという形の襟を採用します。日本で普及している一般的なスーツの型に採用されている襟です。

 

 

ポケットは斜めにスラントさせたものとし、チェンジポケットをつけます。チェンジポケットは冠婚葬祭などのフォーマル感が強い場合は避けた方が良いですが、通常のビジネスのシーンであれば問題ないとされています。

遊び心が加わり、足長効果も期待できますし、なにより周囲と差を付けることができます。

 

 

袖のボタンは重なったものを採用し、色味を足すなどの細かなところにこだわりを持っていることをアピールします。このあたりはセンスも伴いますがジャケットのベースの色に映える色味を足してもいいでしょう。

ただ、作成しているジャケットを着用するのに想定しているシーンなども考慮した方が良いです。フォーマルなシーンにあまり派手な色味は必要ないからです。

 

 

ベントは1本、もしくはノーベントとします。ベントは動きやすいさを考慮したものですので、どちらでも構いません。一般的に日本で普及されているスーツのベントは1本ですので、それにならってもいいでしょう。

 

 

ここまででジャケットのベースが完了です。

さらに、今風のものとするために、ジャケットのウエストに深めの絞りを入れ、丈を短めに設定することで、ダボついた印象のないスタイリッシュなブリティッシュスタイルのジャケットが完成します。

 

 

スラックス

スラックスも細身のデザインとします。

そのため本来のブリティッシュスタイルで採用されているタックをなくし、ノータックとします。タックもベント同様、余裕を持たせるためのものであるため、ノータックにすることでよりスタイリッシュに見せる事が出来ます。

 

 

裾はダブルにすることでかしこまった印象を与えることができますし、スラックスのラインをきれいに見せることが可能になります。ダブルの裾幅は4センチとします。

 

 

両脇のポケットは縦型にするのが基本ですが、遊び心を加えてL型、もしくは斜め方にしてみるのもよいでしょう。

 

 

 

オーダースーツなら自分好みのスタイルが可能

スーツにこだわりを持っている人なら、自分好みのものを着用したいと思うはずです。

しかし流行は常に変わるもので、それらを上手に組み込むことでオリジナリティーのあるこだわりのスーツを持つことができます。

オーダースーツSADAでは、上記の画像以外にも、オプション設定などで以下のようなものが設定できます。これ以外にもオプション項目が多数あり、非常に選択肢が多いです。

 

 

今回はブリティッシュスーツでのシュミレーションでしたが、アメリカンスタイルやダブルのスーツでも、流行を取り入れたおしゃれなものを作ることができます。

様々なチョイスを提供しているオーダースーツSADAは、スーツ好きにとってはもってこいのショップであるといえます。

 

シミュレーションだけでも非常に面白いので、是非遊んでみて下さい!

 

 

このように、面白みのないスーツでも意外と遊ぶことができます。

 

変わりのない日々に、アレンジを加えてみませんか?

 

 

オーダースーツSADA公式サイト

 

 

 

RelatedPost